Avatar
radwynn (Hatsumi.N)
547,052 views| 942  Posts

Japanese translation of Phil's blog entry Jun/24/ 2007

フィルのブログ(過去分)の日本語訳です。

<>内は私のメモです。

Etchy gave me permission to use these photos. Thanks Etchy!****

< Phil's blog entry Jun/24/ 2007>

Answers and Results (this is gonna be a long one)

回答と結果(長くなるぜ?)

After almost a week of 16-20 hours days of shooting the ending fight sequences for Kinta 1881, I finally have a few minutes to sit down and answer the questions I asked for in my last entry.

ほぼ1週間、日に16-20時間の『Kinta 1881』の最後の格闘シークェンスの撮影の後で、ようやく座って前回のエントリーでお願いしておいた質問に答える時間が取れた。

Instead of answering each question individually, I'm going to attempt to answer most of them at the same time with a short story of an ordinary fellow from midwestern America named Philip Ng (or Phil, as he is referred to by his friends) who decided to drop everything he was familiar with to start a new life as an entertainer in a crazy little city called Hong Kong.

それぞれの質問に個別に答える替わりに、香港と呼ばれるクレイジーな小さな都市で芸能人としての新しい人生を始める為に彼の慣れ親しんだ全てを捨てる事を決意した、フィリップ・ン(もしくはフィル、彼の友人による呼称)という名前のアメリカ中西部から来たひとりの平凡な青年の短い物語で、殆どの質問に同時に回答するってのを試してみよう。

Having graduated with a masters degree in education, Phil started his career as a school teacher in a suburb of Chicago while at the same time taught (among other martial arts) Ving Tsun (Wing Chun) and Choy Lay Fut at his father's (who's an accountant by day) martial arts studio in Chicago's Chinatown. Whilst training to further enhance his Ving Tsun skills in Hong Kong, he was exposed to the entertainment industry there. After much thought and deliberation, he decided to take a chance and moved to Hong Kong with a determination to succeed in an industry virtually unknown to him. While there, he was immediately overwhelmed by all the complications and background politics behind something seemingly as harmless as making movies. Succeeding was going to be harder than he thought.

教育学部の修士課程を卒業してから、フィルはシカゴの郊外の学校で教鞭を取り始めると同時に、詠春拳と蔡李佛拳(他の武術も同様に)をシカゴのチャイナタウンの彼の父親(昼間は会計士)の武術スタジオで教え始めた。香港で詠春拳の強化訓練を受けていた時期に、彼はそこでエンターテインメント業界に接していた。熟考と話し合いの末に、彼は彼にとって未知の業界での成功を胸に秘め、香港に移ってチャンスに賭ける、と決めた。そして香港に移るやいなや、彼は映画制作という一見無害に見える事の裏に潜む政治的な背景や複雑怪奇な物事に圧倒されることになる。成功は彼が考えるよりずっと難しかった。

However, Phil was fortunate enough to have met an accomplished singer/actor named Joe Tay (Chang Ging Kei), who would be the man that would change the fortunes of Phil's then uneasy start in the industry. Joe was kind, and became a sort of surrogte older brother to Phil, and would eventually introduced him to a friend who was to be Phil's sifu (mentor) in the ways of martial arts choreography and film making in general. Chin Ka Lok was that friend. Chin Ka Lok, a well-known actor and martial arts choreograher in his own right, gave Phil a chance to be his assistant martial arts choreographer in the film Star Runner, where he would meet his best friends, Andy On and Vanness Wu. While working on Star Runner he met a man named Roger Lui who would later introduce him to his current artiste manager, Mon Ng. From that point on, Phil went on to work as a lead in his first TV series (Dragonfly: Invincible) and would continue to act in films/television and work as a martial arts choreographer in productions all around Asia.

しかし、フィルは幸運にもJoe Tayというひとりのベテラン歌手兼俳優に出会えた。彼はフィルのこれまでのこの業界での安易ではないスタートという運命を変える事になる。Joeは親切で、フィルの兄代わりになり、その後、フィルの映画制作一般及び武術指導に関する師となる彼の友人に、フィルを紹介してくれた。錢 嘉樂(チン・ガーロッ)が、その友人だった。独力で俳優且つ武術指導家として名を成した錢 嘉樂は、フィルに、彼の武術指導のアシスタントとして、映画『スターランナー』に参加するチャンスを与えてくれた。そこでフィルは彼の親友となるアンディ・オン、ヴァネス・ウーと出会う。『スターランナー』での仕事の間に、フィルは、後で彼を現在のマネージャーであるMon Ngに紹介する事になるロジャー・リウと出会った。そしてこれ以降、フィルは、TVシリーズ(Dragonfly: Invincible)で初主演しその後もTV、映画へ出演、またアジア全般での武術指導、といった仕事を続けている。 

Hope that story answered a few of your questions.  And here are the answers to a the rest.

この物語が君たちの質問の答えになってればいいんだが。じゃ、残りの質問の答えだ。

Favorite Martial Arts -

お気に入りの武術

I enjoy all martial arts.  Though my backgound is mainly in the traditional Chinese martial arts, I have a black belt in TKD and am active in arts like catch wrestling, Judo, escrima, western boxing, and Thai boxing.  I love watching stuff like K-1, Pride, Heroes, UFC, etc.  I also really enjoy working on and learning new martial arts trickz and pakour/free running (fun, challenging, and good for film).

どんな武術でも。僕のバックグラウンドは主に伝統的な中国武術だけど、TKD(テコンドー)の黒帯も持ってるし、キャッチ・レスリング、柔道、エスクリマ、ボクシング、ムエタイもやってる。K-1、プライド、ヒーローズ、UFCなんかを観戦するのも大好きだ。それにエクストリームマーシャルアーツやパルクールを習ったりやったりするのも好きだ(面白いし挑戦的だし、映画にもいい)。

Worst Injury -

最悪の怪我

Injuries happen all the time on and off the set, it's just the nature of my job.  But I'm fortuate enough to not have anything too serious happen to me.  I guess the worst would be partial hearing loss in my right ear from a ruptured eardrum that I earned from a new actor in a film I did in China a few years back.  I wrote about that experience in a previous blog entry (it's on here, moved from it's orginal place from Myspace.com)

セットの中でも外でも、怪我ってのはいつでも起こる。僕の仕事じゃそれは当たり前のことだ。しかし幸運な事に僕はまだそれ程酷い怪我をした事はない。今までで一番酷いのは多分、数年前に中国での映画で新人俳優から受けた鼓膜の破損による右耳の難聴だと思う。その時の体験をブログエントリに書いてあるよ(Myspaceに投稿してあったものをこっちに移してある)。

Biggest Passion -

最大の情熱

My biggest passion right now is just to be the best film maker possible, both in front and behind the camera.  Working on producing my own film (schedule for next year).  More on that as it happens.

今現在の僕の最大の情熱は、正に、カメラの前に於いて<俳優として>も、後ろに於いて<制作側として>も最良の映画制作者になる事。僕自身の映画を制作する事(来年に予定されてる)。詳細は後程。

Being in the Public Eye -

人目にさらされる事

Honestly, I will always consider myself as an actor and film maker, rather than a "celebrity" (I'm really not on that level anyways).  Since one's works are exposed to the public eye on a regular basis, one will expectedly become recognizable, but it's still just a job (one that I love, nonetheless).  We all put our pants on one leg at a time (so to speak), and it's not cool to take ourselves too seriously (nothing lasts forever).  But being the public eye does have its disadvantages. For instance, because of the nature of the Hong Kong media, normal stuff like hanging out with friends and (God forbid) dating is sometimes difficult if one minds public scrutiny.  As for me, my friends and family are proud and supportive of every achievement that I accomplish, and I love them for that since it can get difficult in this industry at times.

正直に言って、僕は自分の事を”セレブ”じゃなくて俳優で映画制作者、だと思ってる(実際セレブってレベルじゃ全然ないし)。仕事で定期的に世間の目に触れるようになると、人から誰某だと認識されるようになるってのは予想出来る、けどそれは仕事の延長だ(それでも僕は仕事を愛してるけどね)。人は皆同じだ(誰だってズボンの片っぽに両足を突っ込む様な馬鹿な間違いをするもんだ、って言うだろ?)、それに自分らだけ深刻ぶるのはクールじゃない(永遠に続く訳じゃなし)。とはいえ人目につくってのは不利なこともある。例えば、香港のメディアの常として、友達とつるんで出かけるとか(神よ我が願いを叶えたまえ…有り得ないけど)デートするとかそういう普通の事も、おおっぴらに詮索される事を考えると、時々やり難くなる。僕の場合は、僕の友人や家族は僕の成し遂げた事全てを誇りに思って支援してくれている。そして僕は、この業界でそれは得難いものなんだと知るにつけ、ますます彼らを愛している

Real vs. Reel -

リアル(現実)対リール(映画)<リールは映画フィルムの一巻きを指す。転じてフィルムの意>

I actually wrote an article last year for a US martial arts publication call Kungfu Magazine dubbed, Punching To Miss, dealing with this topic.  I'll post it here sometime. Martial arts (in my opinion) was developed, first and foremost, as a method of combat, while movie fighting is more of a dance designed to look like combat. Lots of things have to be learned and adjusted before one can transition from real martial arts to reel martial arts.

実際、去年僕はこのテーマに関して、”Punching To Miss”って記事を”Kungfu Magazine”というアメリカの武術に関する出版物に書いたんだ。今度こっちにもUPしとくよ。武術は(僕の意見では)、何よりも先ず、戦闘の方法として開発された物だ。一方、映画のファイトシーンは、むしろ闘いを模したダンスと言える。現実の武術から映画の武術へと変換することが出来るようになるまでには、多くの事が研究、調整されてきたんだ。

Non-Action Acting -

アクション無しの演技

An action-actor is, first and foremost, an actor, so the skill and art of acting takes prominence over any action. A fight scene without the proper story and motivation to back it up is nothing more than a martial arts performance, Drama is of utmost importance to make the fight more than just a fight. I have done a few roles where I'm not fighting, most notablely, Marriage With a Fool, where I play a shy toilet paper/tissue CEO who goes after a girl named Bo (played by Stephy Tang). I really enjoyed that role.  Got some good reviews and gained public notice as an actor who can act in addition to kicking people in the face.

アクション俳優は何よりも先ず俳優だ。だから演技の技術と技能は、あらゆるアクションより優先される。適切なストーリィと裏を取った動機付けの無いファイトシーンは、演武にすぎない。ファイトシーンを作る為にはドラマが最も重要なんだ、ファイトそのものよりも。僕は闘わない役も幾つか演ってる。一番知られてるのは”Marriage With a Fool”で演じた、Boって名前の娘(ステフィー・タンが演じた)を追っかけてるシャイなトイレットペーパー会社のCEOだ。ホントに面白かったよ。好評もそこそこ得たし、人の顔を蹴る事"も"できる俳優として皆の注目も得たしね。

Choregraphy -

振り付け(武術指導)

I love being behind the camera as well. Being able to choreograph involves knowing about editing, camera angles, and the abilities of each actor involved. There are many skills to learn, but the most important is knowing how to control and manage your rhythm and tempo, as I said eariler, movie fighting is a dance designed to look like combat.

僕はむしろカメラの後ろに居る方が好きだ。武術指導が出来るようになる為には、編集、カメラアングル、それにシーンに関わるそれぞれの俳優の能力、を知らなければならない。学ぶべき技術はたくさん在る。しかし最も重要なのは、リズムと速度のやりくりとコントロールだ。さっきも言った通り、映画のファイトシーンってのは、闘いに見えるようにデザインされたダンスなんだから。

Education -

学歴

I got my bachelors and masters degrees at the University of Illinios at Urbana-Champaign.  I loved it there, I even started a university martial arts club called the Illini Ving Tsun Assocation (I think it's still around, though who's teaching now, I'm not sure)

学士と修士をイリノイ大学アーバナ・シャンペーン校で修めた。あの学校すごく好きだったな。おまけに僕は、イリノイ詠春会っていう、大学の武術クラブも始めたんだ。(今は誰が教えてるのか知らないけど、まだ在ると思うよ。)

And finally, to answer's Patrick's question... I think you know a lot more cute girls than I do, lol

さて、ようやくパトリックの質問の答えだ…君の方がずっとたくさんキュートな女の子を知ってると思うぜ(笑)

Lastly, I finalized my experiment on personal fitness.  After a couple of weeks of working 16-18 hour days in a sauna like environment, my abdominals began peeking out of it's squishy exterior again...

最後に。僕は個人的なフィットネスの実験を完了した。2、3週間に及ぶサウナのような環境下での日に16-18時間の労働の結果、僕の腹部は再びきっちり整った外観を見せ始めた…

<この文はこれ以前のエントリで彼が言及していた"人はどれほど早くそれなりにイケてる体型からあんまりイケてない体型に至る事が出来るか"という実験のことを受けたものだと思われます(笑)>

<I think this sentence follows after that his experiment about "how fast a person can get from being in reasonably good shape to being in not-so-good shape" that he referred on his anther entry.

What it's like on the set - most of the time I stand-in as a punching bag for my mentor (Chin Ka Lok) in between shots...

セットの中ってどんなのか—撮影の合間の殆どの時間、僕は師(錢 嘉樂)のサンドバッグの代役を務めてる…

<…IN DA FACE!!


一文に修飾節として挿入されている部分をそのまま一文内に収めると日本語としてややこしくなりすぎるなー、って思ったところは、文を分割してあったりします。

しっかし日本語の選び方って難しいなぁ…

over 11 years ago 0 likes  13 comments  0 shares
Photo 15509
やば、今年に入ってからてモチベーション下がって、さぼりまくりなので、思いっきりイケテナイ体になっている。 フィルの言う通り。。。。。 って日本語訳に大してのコメントじゃなくてごめん。 おまけにフィルんとこに書けって話だよね。 でも、先にこっち見ちゃったんだもん。
over 11 years ago
Photo 52064
>saori さぼらなければちゃんとイケテル身体なのですね!うう、羨ましいっす! あ、これ、過去分のエントリの訳です、去年のエントリなんだけど、色々情報が載ってたから訳してみました〜 訳文、なんか気が付いた事あったら、是非チェックお願いしますね〜
over 11 years ago
45862083 0af2fd4d5d
it should be 'whilst' (while doing....)
over 11 years ago
Photo 15509
一つだけ、訳文気になるかも。 錢 嘉樂(チン・カーロ)なのだけれど、 チン・ガーロッ、って書くのが日本では共通認識かも。 ということで、下記に谷垣健治さんのブログご紹介します。 [http://kenjitanigaki.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_34e1.html] ちなみに、運動をしていれば、今よりはイケテイル身体だけど、周りから見たらどーなんだろうね。
over 11 years ago
Photo 52064
>Etchy Thanks! so,it's a typo...
over 11 years ago
Photo 52064
>saori あっ、やっぱり、「がーろっ」の方なんですね。どっちがいいかなー、って思ってたんですよー。 ありがとうございます! 谷垣さんのブログのURLもありがとうございます!後でゆっくり読みに行こう〜っと♪ >イケテル身体 …私も”きっちりした輪郭の”身体になってみたい…(じゃ努力しろ、っつーの)
over 11 years ago
Philipng
I've worked with Kenji a long time ago, he's a cool guy!
over 11 years ago
Photo 15509
フィル〜ゥ。 私が日本語でふった話に、割り込んでくれたぁ〜〜。 むっさうれしいやん!
over 11 years ago
Photo 52064
>Phil oh, you know Kenji Tanigaki! It' cool! I'm glad to hear it.
over 11 years ago
Photo 52064
>saori フィルってコメント欄までチェックしてくれてるんですねー!(驚)
over 11 years ago
Photo 15509
>Phill. Yes! I love the movies which he action supervised. I didn't met him. But his blog and his work are so cool!
over 11 years ago
Photo 15509
>radwynn ホントにチェックしてくれているんですね。 でも日本語だったのに、漢字でわかったのか、アドレスに入っているのでわかったのか。。。 ってことで、驚くばかりじゃなくて私もコメントお返ししちゃった! v(^ ^)
over 11 years ago
Photo 52064
>saori あ、そっか、漢字!そうかー。 >コメントお返し へへへ、なんか盛り上がっちゃいましたね♪ v(^ ^)
over 11 years ago

About

Thanks for dropping by! ゚・:,。★\(^-^ )♪thanks! I\'m Japanese, now living near Kyoto in Japan. I wanna move to HK with tons of my Japanese comics and books... =)

Learn More

Languages Spoken
english, japanese
Location (City, Country)
Japan
Gender
female
Member Since
January 4, 2008